積水化学
中間膜事業部
動画・カタログ請求フォーム
遮熱中間膜


ガラス面の拡大による開放感と、熱の流入、空調の稼働量は比例関係にあり、快適性と環境への配慮を両立させるには、太陽の熱を遮断する必要があります。建築におけるガラス面の割合が大きくなるにつれて、安全性や防犯性から合わせガラスを採用する例が増えてきましたが、近年はそれに加えて遮熱性を求める声が強くなっているのもうなずけます。遮熱中間膜 S-LEC™ Solar Control Filmは、太陽光中の熱線(中赤外線)を大幅にカット。これからの建築になくてはならないマテリアルとして注目を集めています。



赤外線(熱線)カット機能を持つ微粒子を、中間膜中に分散。

様々な機能を持った微粒子や素材を、中間膜樹脂に均一に分散させるセキスイ独自の「微粒子分散技術」で、遮熱微粒子を通常膜層に分散。これにより紫外線だけでなく、肌をジリジリと刺激する赤外線も大幅にカットすることが可能になりました。


【遮熱性】 熱さの元凶、中赤外線を狙い撃ち。

従来の中間膜は紫外線を99%以上カットするものの、熱線はほとんどが透過していました。S-LEC™ Solar Control Filmは紫外線に加えて、肌をジリジリと刺激する陽射しの熱さに最も影響していると言われる1300nm~2100nmの波長も大幅にカットします。


【紫外線カット性能】 お肌や商品に有害な紫外線を大幅にカット。

通常中間膜の基本性能のひとつに紫外線カット性がありますが、S-LEC™ Solar Control Filmではその性能をさらに高めています。グラフからも判るように、室内に入り込む有害な紫外線を大幅なカットに成功。明るいカフェではお客様の肌を日焼けから守り、ショーウィンドウの中では大切な商品の褪色や変色を防ぎます。美術館や博物館にも最適で、昆虫の飛来低減にも効果的です。